なんか痒いムズムズ変なニオイなら性病かも?!

HIVや梅毒感染は、厚生労働省により感染者の履歴を全員記録されていますが、クラミジアや淋病の感染については全員が把握はされていません。

毎年、定点観測で25,000人前後の感染者がおり、実際は100万人近くの感染者がいると言われています。特に性器に感染する性器クラミジア感染症や、喉の粘膜に感染する咽頭クラミジアは、感染力が強く、感染しても自覚症状が出ないケースが多いです。

その為、気付かないままパートナーへ移してしまうケースが非常に多いです。
特に女性は様々な性病で80%前後で無症状のままパートナーに移してしまうようです。

日常生活を送っていると言われています。

なかでも、性器クラミジア感染症・咽頭クラミジア感染症については感染者が多く、感染力も強いので最優先でチェックしてみてください。

性病について正しい知識を身につけて感染予防しよう

性病に対する知識・危機感の無さ

過去に性病に感染した事がある人達は、性病感染についてある程度危機意識がある為、感染してもすぐ検査・治療で早期解決する場合が多いです。

しかし、ほとんどの人は、【まさか自分が性病にかかっている】なんて思っていません。
もしあなたにパートナーがいらっしゃれば、一度聞いてみてください。「クラミジアってどんな性病?」「どんな行為で感染するの?」「どんな症状があるの?」と。

ほとんどの人がまともに答えられないのが現状です。

性病とは無縁と思い込んでいる人達は、「HIV=感染したら治らない怖い病気」「コンドーム無しのセックスは危ない」程度の知識しかない人がほとんどです。

特に若い人たちは「子供が出来たらヤバいからコンドームを使う」という意識ばかりで、性病を予防する為にコンドームを使うという意識があまりありません。

確かに、コンドームを正しく利用すればHIV感染を防ぐ事はできます。しかし、オーラルセックスでコンドームやデンタルダムを利用しなければ、喉に性病をうつされてしまい、そこから性器へ感染する事もあります。

オーラルセックスで感染する咽頭クラミジア等の喉への感染・喉からの感染には無頓着な方が非常に多いのが現状です。

性病/性感染症について正しい知識を身につける事が感染予防の第一歩です。

日本で感染が広がっている主要な性病/性感染症の症状や治療方法について、また、【どんな行為をしたらどの性病に感染する可能性があるのか?】という事も理解すれば、正しい性病感染予防が出来ます。

体に違和感を感じた時

  • なんだか股間がムズムズする
  • おしっこが出にくい
  • おしっこするとチクっとする
  • 急に頻尿になった

性器周りにいつもと違う違和感を感じた際は性病検査をすぐ受ける事をおすすめします。

特に男性のクラミジア感染は、尿道感染して尿道炎の症状を起こす為、感染時に上記のような弱い症状が出る事があります。

感染の可能性がある行為をした時

例えば一夜限りの関係や風俗店でコンドーム無しのセックスだけでなく、オーラルセックス(フェラチオ)なども注意が必要です。
唾液を使ったプレイやスマタでのプレイにおいても相手の体液との接触があれば、タオルなども含め間接的にクラミジアや淋菌は感染の可能性が十分あります。

もちろん、コンドーム無しのセックス(膣性交)をして何か異変を感じた場合は検査や性病治療薬を服用する必要があります。
*HIV感染の検査は陰性反応が行為から90日後に検査が必要です。

複合感染に要注意!代表的な性感染症の種類と症状

クラミジア感染症
クラミジアとは、クラミジア・トラコマチスという細菌によって引き起こされる性行為感染症です。クラジミアに感染しても自覚症状が現れない人が多く、気づかないうちに広めてしまっていることもある大変厄介な性行為感染症です。
現在、最も患者数の多い性感染症で、細菌の一種であるクラミジア・トラコマティスによって感染します。女性では子宮頚管と卵管、男性では尿道に炎症を起こし、適切な治療を受けずに放置していると不妊や子宮外妊娠の原因となります。また、分娩時に産道を介して赤ちゃんに感染するリスクもあり、その場合は新生児肺炎や結膜炎を起こしたりします。

自覚症状としては、女性はおりものがわずかにある程度、男性も尿道から少量の分泌物が出る程度ですので、本人が感染に気がつかないまま炎症が子宮の奥に進行する人も少なくありません。

近年はオーラルセックスによる喉への感染が広がっています。これは普通に性器以外の性行為を行うカップルが増えていることと、咽頭粘膜は傷がつきやすいため、感染が容易なためです。

感染に気がつかないまま人に移してしまわないように、セックスから1~3週間後に「ひょっとして…!?」と思われる症状があったら、たとえ軽度であっても、医療機関で検査を受けるようにしましょう。

クラミジア系の症状

性器クラミジアの場合
症状の経過 初期は子宮頚部に感染し、おりものが増える、ただしこれは自覚されないことが多いようです。
次に、上行性感染といって、子宮の内腔を通過し卵管に至る。ここで卵管炎を起こすこともあり、卵管閉塞の原因となります。

さらに感染が進むと卵管采から腹腔内に拡がり、卵管周囲炎を起こし、腹痛の原因になります。
(感染から③まで、1〜3週間とされています)

炎症が進むと卵管周囲癒着が形成され、卵管閉塞と同様に不妊の原因となります。
クラミジアと不妊の関係は、これが一番多いです。
感染はもっと進むことがあり、驚くべきことに肝臓の周囲にまで広がり、肝周囲炎を起こします。Fitz-Hugh-Curtis症候群、として知られています。
右季肋部、あばら骨の下辺りの痛みの原因となります。
咽頭クラミジアの場合

程度は様々ですが、喉の痛みを自覚します。
風邪かな?と思う程度のこともありますが、発熱などの全身症状はほとんどありません。

男性では尿道炎、排尿時や射精時に膿が出ることや痛みが出ることがあります。
しかし不顕性といって、無症状のことも多いようです。
男性不妊の原因にもなることがありますが、多くの場合はカップルでクラミジア感染しても、女性では上に示したように様々な病態を引き起こしてしまいます。

淋病(淋菌感染症)
男性では上記のクラミジアに次いで患者数が多い性感染症です。淋病とは淋菌という菌によってもたらされる感染症です。淋菌はもともと弱い菌で人の粘膜の中でしか生きていけません。そのためほとんどの場合は性行為によって粘膜を介して感染する性行為感染症です。
淋菌に感染することで、女性は子宮頚管、男性では尿道に炎症が現れます。尿道炎では、排尿時の痛みや膿が混じった尿が出たり、女性ではおりものの量が増えます。

男性に比べて女性は自覚症状が現れにくいため、病状が進んで卵管炎や骨盤腹膜炎を起こし、不妊や子宮外妊娠の原因となることがあります。また妊娠中の女性が感染すると、出産時の産道感染によって、新生児が淋菌性結膜炎のリスクが生じます。

淋病はクラミジアと並んで、喉への感染が起こりやすい性感染症となっており、フェラなどのオーラルセックスを頻繁に行っている女性のなかには、クラミジアと淋病の両方が感染していることもあります。

淋病の症状

クラミジア感染に似て、初期はおりものの変化、異常を自覚することがあり、進行すると下腹部の痛みとなります。
このおりもの変化やお腹の痛みはクラミジア感染よりも重いことが多く、発熱を伴うことが多いです。

クラミジア感染と同様にオーラルセックスにより喉への感染が多く、喉の痛みを自覚します。
男性の感染も重篤で、クラミジアと同様に尿道炎、排尿時や射精時に膿が出ることや痛みが出ることがありますが、クラミジアより強い症状が出ます。

カップルのどちらかで淋菌が陽性となった場合、カップルでの治療が必要です。

性器ヘルペス感染症
単純ヘルペスウイルス(HSV)に感染することで、男性では亀頭や陰茎、女性では外陰部を中心として多数の水ぶくれができて、やがて破れて潰瘍(ただれ)を形成し、痛みや発熱を起こす病気です。フェラチオを介することで、男性の性器のウイルスが女性の口唇に移ることもあります。

坑ヘルペスウイルス剤による治療で症状が消失しても、ウイルスは神経節(神経細胞)に潜伏しており、ストレスや疲労等で免疫力が低下すると再発して不快な症状を引き起こします。妊娠中に感染すると、新生児が全身性のヘルペスに感染するリスクがあります。

ヘルペスに感染しても大半の人は症状が現れないので、いつ感染したのかを正確に把握することは困難です。免疫力が低下したときに症状が現れるので、症状が出たからといって現在のパートナーを感染源と断定するのはトラブルの元になります。

ヘルペス系の症状

性器ヘルペスの場合

性器にできるヘルペスは、陰部に潰瘍などの病変を作り、とても痛みが強いです。鼠径(足の付け根)のリンパ節が腫れることが多いです。

初感染(初めての感染)は、感染後2〜10日の間に発症、症状がとても強く、発熱、倦怠感などの全身症状がみられることもあります。重い場合、排尿や歩くことすらできなくなってしまい、入院が必要となることもあります。さらに強い頭痛、項部硬直などの髄膜刺激症状や、排尿困難、便秘などの末梢神経障害を来すこともあります。

再発の場合は、初感染ほど重い症状とはなりません。初感染、再発ともに、症状が消失するまで病変からウィルスが排泄されるため、性交渉を控えるか、コンドームの使用が勧められますが、性器以外にも病変ができることがあるため、コンドームでは完全にパートナーへの感染は予防できません。

出産時に性器ヘルペスができてしまった場合、出産した赤ちゃんへの感染を予防するため、帝王切開で分娩しなければなりません。

口唇ヘルペスの場合

口唇ヘルペスは、唇や口角(口に両端)にでき、性器ヘルペスよりも再発の頻度が高いです。

尖圭コンジローマ
良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって、外陰部、亀頭や陰茎、肛門の周囲に米粒くらいの大きさのイボができる病気です。イボは先端が尖っており、密集するとカリフラワーや鶏のトサカのように見えます。

感染から発症までの潜伏期間が3ヶ月と他の性感染症に比べて長いので、忘れたころの発症に注意が必要です。従来、治療の中心は外科的な手術でイボを取り除くことでしたが、イミキモド(商品名:ベセルナクリーム5%)という塗り薬の登場によって患者さんの負担は大きく軽減されました。

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマは性行為感染症の一つです。特徴として陰茎や肛門、膣にできものが出来るため、非常にびっくりして不安になる人も多いようです。
ほとんどが婦人科診察の際に偶然見つかったり、自覚症状として病変を触れたり、かゆみがあることがありますが、激しい重い症状は見られません。

性交で生じる傷が出来やすい場所、腟の入り口、特に小陰唇の内側に出来ることが多く、また腟と肛門の間や、肛門周囲にできることも多いです。

治療しないで放置すると、病変が大きくなったり腟内にまで拡がる事があります。早期の治療が早い治癒につながります。

コンジローマは病変からHPVが排出されるので、病変がある時期は感染性があります。
治療が終了するまでの間、性交はコンドームを使用してください。

妊娠中にコンジローマが発生すると、出産時に赤ちゃんに産道感染を起こし、喉頭咽頭腫の原因となるため、帝王切開が選択されることが多いです。

膣トリコモナス炎
膣トリコモナスと呼ばれる原虫の感染によって、膣に炎症が起きる病気です。悪臭のするおりもの、外陰部のかゆみ・痛み、泡が混じった黄色・緑色のおりもの、排尿痛など比較的強い症状が現れるので、早い段階で発見することが可能です。

これらの自覚症状があるのに適切な治療をしないで放置していると卵管炎を発症し、不妊症につながることもあります。また妊娠しても、流産や早産を起こすこともあります。

膣の分泌液を採取して顕微鏡で見ると原虫が動いているのがわかるので検査は簡単です。内服薬による治療で比較的早く治りますが、パートナーが治さない限り、再発を繰り返しますので、治療は二人で一緒に行います。

トリコモナスの症状

かゆみとおりものの異常(黄色く、臭いがします)がみられます。

強い炎症を起こすため、不正出血がみられることもあります。

膣カンジダ症
真菌(カビ)の一種であるカンジダの感染によって、膣や外陰部に炎症が現れる病気です。白くボロボロしたおりもの、膣・外陰部の激しいかゆみ、灼熱感、性交痛などが発症を疑うサインとなります。

他の性感染症に比べて不妊や流産などの大事の原因にはなりませんが、免疫力が低下すると何度も再発するため、生活の質を大きく低下させてしまうことがあります。

カンジダ自体は健康な人の皮膚や腸にも存在しているので、発症の原因がセックスに限定されるわけではありませんが、疑わしい場合はパートナーの検査・治療も必要となります。

梅毒
「梅毒」と聞いても多くの方が、昔の病気という認識を持っていると思います。しかし、近年、梅毒は急増しており、2021年の感染者は7000人以上に増え、過去10年で最多となりました。
梅毒は、梅毒トレポネ−マを病原体とし、粘膜から感染する性感染症です。感染経路のほとんどはセックス、オーラルセックス、アナルセックスなどの性行為です。
セックスや類似性行為(フェラチオやアナルセックスなど)を介してトレポネーマという病原微生物に感染することで、性器や肛門、口のしこり、リンパ節の腫れ、全身の皮膚にアザやブツブツができる性感染症です。

梅毒は、抗生物質のペニシリンの登場により一度は「昔の性病」になりましたが、2010年以降は感染者が大きく増加しており、過去5年間で感染者数は5倍になりました(2016年は11月末時点で約4,000人)。

女性では10~20代、男性では40~50代の感染者が増えています。感染者急増の背景には「セックスの低年齢化」や「出会い系アプリの普及」、「風俗が感染源」などの指摘がありますが、詳しい原因は不明です。

検査・治療体制の整った日本では、昔のように梅毒で死に至ったり、母子感染を起こすリスクはほとんどありませんが、梅毒になるとHIVの感染リスクが上昇するため、油断は禁物です。

上記の性感染症の症状を比較してみると、排尿痛や外陰部・膣のかゆみ、おりものの異常など、同じものが見つかります。性感染症に感染している人は、例えばクラミジア単独ではなく、淋病や性器ヘルペスなど複数の病気に感染している可能性が高いのです。

感染リスクの高い性行為を日常的に行っていれば、複数の病気に感染してしまうのは仕方のないことです。複合感染を避けるためには、不特定多数のパートナーを持たない、コンドームをつけるなどの予防を心掛けることが大切です。

梅毒の症状

近年では進行した梅毒が発見されることはまれです。

初期は感染部位(性器、口、肛門、手指など)に痛みのないしこりができ、膿が出たりします。また鼠径リンパ節が腫れます。

その後、全身のリンパ節が腫れたり、発熱、倦怠感、関節痛が出る場合があります。バラ疹と呼ばれるピンク色のあざが足の裏から顔面まで出現します。

妊婦さんが梅毒に感染している場合、お腹の赤ちゃんが先天性梅毒にかかる可能性がありますので、妊娠初期には検査が行われ、感染が分かった場合には妊娠中も治療が必要です。

やっぱり恥ずかしい!? 産婦人科(婦人科)で行う性感染症の検査

性感染症の検査は産婦人科、泌尿器科、皮膚科、性病科などで受けることができます。男性なら「泌尿器科」、女性はまず「産婦人科」を受診するのが一般的です。若い女性のなかには「産婦人科は受診ハードルがむちゃくちゃ高いイメージがある」、「そもそも妊娠してないのに受診できるの?」と思われる方もいるかもしれません。

産婦人科は、妊娠や出産を扱う「産科」と、月経に関することや子宮や卵巣などの病気、更年期障害などを扱う「婦人科」に分かれており、10代から高齢の女性まで幅広い世代の方がさまざまな理由で受診しているので、未婚の若い女性だからなどという理由で恥ずかしがることは全くありません。

産婦人科の診察は、まず受付で「性感染症の検査を受けたい」旨を伝えて、問診表に気になる症状などを記入します。そして診察室では、記入内容を元にして問診が行われます。

問診では、体のどんな場所(性器・咽頭・肛門ほか)にどんな症状(排尿痛、陰部のかゆみ、おりものが臭い、おりものに血が混じるなど)があるのか、セックスはどのくらいの頻度で行うのか、コンドームの着用の有無など、話しにくい内容も含まれますが、病気を正しく診断するうえで欠かせない情報ですので、包み隠さず話しましょう。

医師全体に占める女性の割合が高くなっている近年は、産婦人科にも多くの女性医師がいます。診療科目の特性上、デリケートな内容もざっくばらんに話せるようなサッパリとした先生が多いので、ご自身と相性がよい医師を見つけることはそれほど難しくないでしょう。

性感染症の検査は、綿棒や木製のへらを使って膣内部の分泌液(おりもの)や細胞を採取したり、採血、採尿が行われます。

ただし、オーラルセックスやコンドームを着用しないセックスなど、感染リスクがある行為を行ったからといって、その直後に産婦人科で検査を受けても正しい結果は得られません。何故なら、大抵の病気は感染してから発病するまでに潜伏期間があるためです。

具体的には、クラミジアで1~3週間、トリコモナス症は1~2週間、膣カンジダ症は一定せず、尖圭コンジローマは約3ヶ月、梅毒で約10日~90日、淋病で2~10日の潜伏期間があります。

自覚症状に乏しい性感染症が増えているため、「私が感染しているはずがない」と油断するのは危険です。クラミジアや淋病などによる炎症が無症状のまま卵巣に広がって、卵管が変形・閉塞した結果、気付いた時には自然妊娠が困難になっている女性も少なくありません。

20代から30代の女性の皆さんは、毎日の仕事が忙しくて、ご自身の体をケアする時間がほとんどありませんよね。晩婚化で出産年齢が高くなっているからこそ、将来の妊娠・出産に悪影響を及ぼす病気に感染していないかを最低一度は検査しておきたいものです。

powered by 三越屋-個人輸入代行

タイトルとURLをコピーしました